続きを読む "/>

Blog

新年のごあいさつ

お知らせ

明けましておめでとうございます。

新年を迎え、2021年はこういうことを大切にしながら設計したい、と思うことについて書いてみようと思います。
一言で言うと「普遍」。

設計というのは、無限にある選択肢の中から最適な形を決めることです。その決定には様々なクライアントからの要望や敷地環境の特徴を読み取り、多くの案について検討しつつ、感性と理論の両面に照らし合わせ、このあたりが最も心地良く納得できる案なのではないか?と思うものを探り当てることが重要になります。
それは単に斬新さを求めたものでは無く、実際に何らかの役に立ち、多くの設計において応用できる性質を持っているもの。つまり、普遍性を持ったものであるべきだと思っています。
言い換えると「定番」「ベーシック」「普通」と呼べる質を持った建築、そういうものを大切にしたいと考えています。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。