Works /
日向の家 Hinata House

太陽の光あふれる「く」の字型平面の家京都市内北部の閑静な住宅街にある三角形の変形敷地に建つ、「く」字型平面の住宅です。
比較的低層な住宅が建ち並ぶ良好な環境にあり、日当たりも良好で隣接する住宅はいずれも敷地の南側に庭を設けており、敷地境界に塀はあるものの共有の「裏庭郡」と呼べるような空地の列が存在しています。この「裏庭郡」に参加するような形で庭を設け、この庭を中心としてプランニングすることとしました。
又、建物の形態に関しては、西側の道路が狭いことにより道路斜線制限が厳しく、道路境界からのセットバックが必要なこと、条例により北側斜線制限の特に厳しい地域であるために最高高さを6.5M以下に抑え、屋根勾配を敷地境界線に向かって設ける必要がありました。それらと三角形の敷地により半ば自動的に「く」の字型のボリュームは決定されました。そして、その「く」の字型の形態を内部においてもダイレクトに感じられるように、2階をワンルームの空間(リビングダイニングキッチン+書斎コーナー)として計画しました。

家具と空間の一体化キッチンと主な収納を造作とし、ダイニングテーブル、ソファ、ローテーブルは家具作家の坂田卓也氏とコラボレートし、デザインしました。まず、内装に使用する素材について、お互い意見を交換し木材はナラとタモ、クリを中心としてインテリアを構成することを決めました。家具のデザインは空間に馴染むように、出来る限りシンプルでありながら、素材の良さを実感できるものを目指しました。特に、材の厚み寸法は、模型で検討を重ね、製作中にはミリ単位でプロポーションを見ながら調整しました。

庭とデッキテラス敷地の南側と、北側に空地としてのフラットな庭を設けました。南側は建物で囲まれたプライベートな空間としての庭で、1階は子供部屋と主寝室が面しており、2階はデッキテラスを介してリビングダイニングキッチンが面しています。
又、北庭は前面道路に面しており塀の無いオープンな庭となっており、近隣とのバッファーゾーンにもなっています。1階はゲストルームが、2階はリビングと、書斎コーナーが北庭に面しており、主要な室は全て庭に面して計画されており、近隣との間に適度な距離を取りつつ、採光、通風を確保し、快適な内部環境をつくり出しています。





所在地 / 京都市北区
主要用途 / 住宅
敷地面積 / 124.91m2
建築面積 / 54.30m2
延床面積 / 97.61m2
規模 / 地上2階
主体構造 / 木造軸組工法
家具 / A.C.E.波多野一級建築士事務所、坂田卓也製作所(ダイニングテーブル、ソファ、ローテーブル)

施工 / 株式会社 ツキデ工務店
写真 / 沼田俊之