Works /
西陣の家 House in Nishijin

西陣に建つ、南庭のある都市型住宅計画敷地は西陣地区(旧市街地)の中心部に位置し、比較的狭い道路と路地が特徴的な住宅密集地域です。四方を住宅に囲まれていることから、まずプライバシーを確保しつつ太陽光を取り入れることが必要であると考えました。つまり、建物を外部に対して閉じつつ、上手く開く工夫をすることが安心して快適に暮らせる住宅とする為には重要なポイントになると思いました。

建ぺい率の上限に近い最大の建築面積としつつ、可能な限り南側に広い庭を確保し、南側の隣家からの離隔距離を取りました。さらに、南庭には高さ3.5mの塀を設けました。これにより室内のプライバシーを確保します。
又、建物の東側に吹抜けを設け、その吹抜けの上部には大型のトップライトを設置、より高い位置から太陽光を室内に取り込むことで建室内全体に光を行き渡らせることが出来ます。さらに、南庭に面して大きな窓を設置し、室内とフラットに連続する広いデッキスペースを設置し、室内と南庭を一体化しました。それにより、コンパクトな家を実際よりも広く感じさせつつ、通風、採光の良い室内空間としました。

住宅が多く建ち並ぶ西陣地区において、プライバシーを守り、明るく広がりのある空間で安心して暮らせる家となっています。





所在地 / 京都市上京区
主要用途 / 住宅
敷地面積 / 95.10m2
建築面積 / 56.35m2
延床面積 / 96.92m2
規模 / 地上2階
主体構造 / 木造軸組工法

企画 / D&Dアーキテクツ
施工 / 株式会社 片山工務店
写真 / 沼田俊之