Works /
広沢の家 House in Hirosawa

薪ストーブとセカンドリビングのある住宅若い夫婦と、幼稚園児のお子さんの3人が住まうためのリノベーションです。
最も大切な要望は、「家族と一緒にいる時間を大切にしたい。」というものでした。家族三人が揃って家に居るときは出来るだけ、同じ時間と空間を共有したいという思いから、メイン空間には間仕切りを設けず、1階と2階を吹き抜けで繋ぎました。2階も、オープンなセカンドリビングとして計画し、吹き抜けを介して上下階を視覚的、聴覚的に繋げ、会話やアイコンタクトができるようになっています。また構造体が現しになっていることから、ハンモックを吊したり、ブランコを設置したりする予定もあります。

仕上素材に関しては、湿気対策、アレルギー対策、カビ対策より、吸放湿性のある自然素材を用いた。床は、無垢のパインフローリングとし、壁・天井は、貝灰、消石灰を主原料とするホタテペイントを主な仕上げとし、自然採光が空間全体に回り込むように全体的に明るい色調としています。また、キッチンの天板には京都産のヒノキの厚板を用いています。そして、リビング空間の中心にはクライアントの夢であった、鋳鉄製の薪ストーブ(ネスターマーチン)が設置されています。





所在地 / 京都市右京区
主要用途 / 住宅
規模 / 地上2階
主体構造 / 木造軸組工法

施工 / 株式会社 片山工務店
写真 / 沼田俊之